株式会社Rehab for JAPAN

「介護に関わるすべての人に夢と感動を」をビジョンとし、健康寿命の延伸に向けて、「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現を目指す株式会社Rehab for JAPANの公式noteです! 社員インタビューや制度紹介などを発信していきます。

株式会社Rehab for JAPAN

「介護に関わるすべての人に夢と感動を」をビジョンとし、健康寿命の延伸に向けて、「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現を目指す株式会社Rehab for JAPANの公式noteです! 社員インタビューや制度紹介などを発信していきます。

リンク

マガジン

社員紹介

Rehabの素敵なメンバーを紹介しています!

すべて見る

ビジョンファーストだからこそ、筋の通ったプロダクトがつくれる。

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 今回は、プロダクト部で働くメンバー2人をインタビュー。互いに同期で“やまと”“おおたく”と呼び合う間柄の彼らに、リハブに入社した決め手、入社した感じた社風、今後の思いなど様々なトークテーマで語ってもらいました。 ■まずは、お二人の入社に至るまでのキャリアについて教えてください。 大図さん もともと僕は、総合病院で3年半・デイサービスで約2年、理学療法士として働いていました。その後、前職のケアテック系のベ

スキ
17

面白くて、しっかり深い。リハブのカスタマーサクセス。

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 今回は、CS部で働くメンバー3人で座談会を開催。リハ職として現場経験を持つという共通点から、それぞれが介護業界の未来についてどのように考えているのか、リハブで働くことに何を見出そうとしているのかなど、ざっくばらんに語ってもらいました。 ■まずは3人それぞれのリハブ入社前のお仕事について教えてください。 岡崎さん 僕は11年間、医療法人に勤務していて、理学療法士として生活期リハビリ、機能訓練指導員のほか、

スキ
10

リハブが起点になれば、日本の介護は変われる。

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 今回は、2022年4月に入社したHVC部の村田さんにインタビュー。村田さんは「パブリックアフェアーズ」という聞きなれない業務を担当しています。今回はパブリックアフェアーズという仕事や、リハブとの出会い、村田さんが感じるリハブの強みや可能性などを話してもらいました。 ■まずは、リハブとの出会いについて教えてください。 前職で、パブリックアフェアーズ(以下PA)を軸とした企業コンサルを行っているマカイラ株式

スキ
32

コロナ禍の現場を、知ってるからこそ。

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 今回の社内インタビューは、今年5月に入社した事業推進部の佐藤さん。長年、理学療法士として介護の現場に携わってきた経験を踏まえ、介護に対する思いや入社のきっかけ、成し遂げたい目標などをお聞きしました。 ■まずは、理学療法士としての経歴を教えてください。 理学療法士としてキャリアをスタートさせたのが、いわゆる老健(介護老人保険施設)と呼ばれる病院と在宅の中間施設。幅広い介護度の方を対象に、入所リハビリ、通所

スキ
11

会社行事・雰囲気

Rehabの雰囲気やイベントなどがわかる記事です。

すべて見る

FY22下期キックオフ本編をレポート!

明けましておめでとうございます! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です。去る2022年12月23日に、今期から始めた半期キックオフが開催され、その様子をレポートいたします! ※事前の抗原検査・手指消毒・広い会場を借りるなどコロナ感染対策を行いながら開催を実施しております 今回のキックオフは、「各部の戦略共有」「横のつながりの機会創出」を目的に開催!! 第1部はじめに:CEO 大久保より CEOの大久保が登場し、ビジョン・ミッション・バリューの再確認から、

スキ
8

リハブで働く、パパママたちの声。

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 今回は、子育てをしながらリハブで働くメンバーを集めて、仕事と子育ての両立をテーマに座談会を開催。話を進めていくうちに、働く場としてのリハブの魅力はもちろん、日頃のチームワークも垣間見える会になりました。 ■まずは、皆さんの家族構成と、最近のお子様エピソードを教えてください。 今吉:うちは、妻と11ヶ月の娘と3人暮らしです。今は保育園には通っていないので、日中もずっと娘が家にいます。基本は妻に娘の世話をし

スキ
20

ロジックは、目的達成のためにある。

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 今回は、最終回となる「Rehab AWARD」の第3弾。見事MVP賞に輝いた、マーケティング部の原さんにインタビューを行いました。 ■このたびはMVPの受賞おめでとうございます! 改めて今回の表彰を受けた感想をお聞かせください。 この知らせを受けたとき、僕はすでに上期に向けたことしか考えていなかったので、不意を突かれました。まさか自分がMVPだなんて、という感じです。あとは、何と言っても表彰式のクオリテ

スキ
14

事業所も高齢者も。介護業界は、1つのチーム。

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 今回は、「Rehab AWARD」第2弾として、見事VP賞に輝いた、CS部の武内さんと秋山さんにインタビューを行いました。 ■今回の表彰を受けて、まずは率直な感想をお聞かせください。 武内:今回CS部として目標を立てて、そのために動けたことを評価されたのは素直に嬉しいのと、僕自身、社会人として働く会社のVALUEを大事にしてきたこともあったので、その姿勢と結果がつながって、こうして表彰されたのは個人的に

スキ
15

開発組織について

Rehabのエンジニア組織について

すべて見る

「世界一のリサーチャーエクスペリエンスを生み出し、リハビリを科学するデータ分析基盤の構築に寄与する」Rehab for JAPANの新チームが果たす役割とは

Rehab for JAPANでは、リハビリを科学するためのデータ分析基盤「Care Data Platform(CDP)」の開発を進めています。CDPの開発を担うのは、CTO久良木遼率いる新チーム。今後チームにジョインするデータエンジニア、MLOpsエンジニアに何を求めるか、新チームをどんな組織にしていきたいか、久良木に聞きました。 リハビリを科学できるデータ分析基盤「Care Data Platform」——現在新チームで取り組んでいるCare Data Platfor

スキ
13

「データ活用でリハビリテーションを民主化し、誰でもリハビリを実践できる世の中に」——科学的介護の実現に挑む、Rehab for JAPANの新エンジニアチーム

世の中の健康寿命を延伸すること、介護にかかわる人々の負担を軽減すること。SaaSプロダクト「リハプラン」を提供し、これらの課題を解決しようとするRehab for JAPANでは、新たにエンジニアチームを組成し、科学的介護のさらなる発展に挑もうとしています。新チームはどんなビジョンを持ち、どんな取り組みをしていくのか、CEO大久保亮、CTO久良木遼、Healthcare Value Creation部の上田尚学に聞きました。 「データによって要介護者のADL改善の総和を最大

スキ
25

新CTOインタビュー。「世の中の健康寿命の延伸に貢献したい」動画解析スタートアップCTOから介護業界に転身した久良木のビジョン

Rehab for JAPANでは、介護の現場で働く介護士や看護師、理学療法士といった方たちのリハビリ業務の負担を軽減し、利用者の健康寿命の延伸に貢献しようとしています。そんな中、エンジニア組織が取り組むのは、既存プロダクト「リハプラン」のブラッシュアップと、リハビリにさらなる価値を付与する新規プロダクトの開発。健康寿命の延伸が社会課題となる中、Rehab for JAPANではどんなビジョンを持ち、どんなエンジニア組織でこの課題に立ち向かうのか、2022年1月に着任した新C

スキ
17

テクノロジーで介護領域を支える、Rehab for JAPANのエンジニア組織のリアル

「紙業務が多いデイサービスの現場を効率化しながら、リアルデータを集めてリハビリを科学することで、高齢者の生活をより良くしたい。」——。Rehab for JAPANでは介護の領域にテクノロジーを取り入れ、人々の暮らしを豊かにすることを掲げています。Rehab for JAPANが提供するデイサービスの機能訓練業務を誰でも簡単・安心・効果的に行えるクラウド機能訓練ソフト「リハプラン」。その開発に携わる開発部で部長を務める宇井洋樹に、エンジニア組織のやりがいや課題、今後の展望につ

スキ
30

経営陣の思い

事業方針・経営陣の思いなどまとめています!

すべて見る

Rehabを創業したワケ

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 株式会社Rehab for JAPANは、 2016年6月に弊社CEO 大久保亮、大屋祐貴、藤本卓の3名のリハビリ専門職から始まりました。創業後すぐにRehabの取締役である木村亮介氏(Lifetime Ventures代表パートナー)、Seven Rich会計事務所の服部代表に出会い「志」を共有し、一緒に会社を創ってまいりました。今回は、弊社CEO大久保のRehab創業にかける思いについて語ってもらいま

スキ
18

介護領域に自分のスキルを注ぎ込む。未来の社会を変えるために【後編】

本記事は、2020年11月17日制作された記事です。 こんにちは!株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 社内インタビュー第6弾は、弊社CPOの若林さんの後編! 前編では11月1日にリリースしたリハプランのUI改修の話、若林さんの仕事観、この会社に懸ける想いなどを話してもらいました。後編は引き続き、UI・UXデザイナーとしての心構えや、リハブの魅力、求める人材像などを話してもらいました。 ■「直感」や「センス」といった感覚は、UXの仕事に必要ですか? 必

スキ
3

介護領域に自分のスキルを注ぎ込む。未来の社会を変えるために。【前編】

本記事は、2020年11月04日制作された記事です。 こんにちは!株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です! 社内インタビュー第5弾は、弊社CPOの若林さん。前職ではリクルートに在籍し、UXデザインとプロダクトマネジメントの双方を担いながら、名だたるプロダクトの価値を高めてきた中心人物です。今回は前後半に分けて、11月にリリースしたリハプランのUI改善の話や、若林さんの仕事観、この会社に懸ける想いなどを話してもらいました。 ■前職での仕事とリハブに来た経緯を

スキ
3

タバコを吸うなら左手で。

本記事は、2021年3月22日制作された記事です。 今回は、弊社COO池上に「介護のアウトカム評価」というテーマでインタビュー。そもそもアウトカムとは何かを聞きながら、本人が望むリハビリ、家族の思い、事業者が背負うリスクなど、話は介護の本質へと展開していきます。 ―― まずは「アウトカム評価」について教えてください。 アウトカムとは「成果」「結果」を意味する言葉。介護のアウトカム評価というのは、提供した介護サービスが利用者にどのように影響したかを評価するものです。202

スキ
2