見出し画像

高齢者に興味なかった僕が。

株式会社Rehab for JAPAN

こんにちは! 株式会社Rehab for JAPAN 採用担当です!
今回の社内インタビューは、入社3年目になるマーケティング部の三觜さん。入社を決めたきっかけや、会社の魅力、入社当時と今との変化などをお聞きしました。

■リハブに入社しようと思った決め手を教えてください。

Wantedlyの記事でリハブのことを知って、調べていくうちにリハプランというサービスに興味を持ったのが最初のきっかけです。前職が保険会社の営業職だったこともあり、「このサービスは、自分が自信を持って心から売り込める商材だな」と感じてエントリーしました。面談の相手は、介護職出身である代表の大久保と大屋(当時:カスタマーサクセス部)で、ふたりからそれぞれの熱い思いや介護現場の課題を聞いて、心を動かされたのを今でも覚えています。

■もともとは、営業職で入社したとお聞きしました。マーケティング部への異動した経緯やそのときの率直な思いを教えてください。

シンプルに嬉しかったですね。営業の仕事は好きですが、実は得意とは思っていなくて。けっこう素直というか、もろに顔や発言に本音が出てしまうタイプですし、どちらかといえばネガティブにいろいろ考えてしまう性格なので。でもマーケティングではそんな自分が生かせていると思っています。とにかく素直に物事を見ますし、ネガティブな視点でリスクを考えることもありますから。

■入社した当時のリハブと今のリハブで、どのような変化があったと感じますか。

いろいろ変化はあったと思いますが、COOの池上が来る前後でガラリとリハブは変わったと思います。最初は思い先行型というか、ロジックが弱くてもまずは動く。そんなちょっと勢い任せなところも正直あったと思います。ところが、池上が来てからはロジカルに考える会社に変わりましたね。まずは仮説を立てて、数値目標を設定し、結果を振り返る状態にしてから動く。そして結果を振り返り、また仮説を立てて…と、そんなサイクルを回すことで個人的にも成長させてもらっていると感じています。

■改めて感じるリハブの魅力を教えてください。

やっぱり、社会貢献度が高い事業をしていることではないでしょうか。コーポレートサイトもサービスサイトも、家族や身内に紹介したくなりますし、最近では様々なメディアにも露出し始めていて、徐々に注目されてきています。胸を張れる仕事ができること。それって大きな魅力だと感じます。

■今後の目標があれば教えてください。

まずは目の前の数字の達成に注力したいと思っています。その達成によって次のステップに行ける。そんな思いで仕事をしています。ここまで迷いなくフォーカスできるのは、自分の仕事が社会に貢献していると思えるから。「何のために仕事しているんだろう?」という疑問がわかないことって、実はすごいことだと改めて思いますね。

■どのような人がこの会社にマッチすると思いますか。

まずは、人を喜ばせることが好きな人がリハブの社風には合うと思いますね。先ほど数字の話をしましたが、部署ごとに追いかけている数字というのは当然あります。その一方で、導入先の事業者様から喜びの声をSlackで共有しては全員で喜んだりもしていて、つくづく優しい人たちが集まって、全員でいい仕事をしようとしている会社だと感じています。

■個人的な思いとして、どんな介護や老後が理想ですか?

いくつになっても何かにチャンレジできる環境があるのが理想ですね。孫とのふれあいや、思い出の地を巡る旅行など、年齢を重ねないと味わえない楽しみもあると思うので。そこに生きがいを見出すことができたら、たとえ自分の身体に健康上の問題があったとしても、前向きにリハビリをしていけると思っています。

■最後にひとこと、メッセージをお願いします。

正直に言うと、僕は入社前まで高齢者のことに興味がありませんでした。普段の生活で接点がなかったことも大きいですし、この記事をご覧になる方にもそのような人がいると思います。それでもリハブで楽しく頑張れているのは、人を喜ばせることが好きだからです。きっと求職者の中にも、僕と同じような人がいるかもしれませんが、社会貢献への関心が高い人や、人を喜ばせたいという思いがあるのなら、ぜひ興味を持っていただけたらと思います。

株式会社Rehab for JAPANでは一緒に働く仲間を募集しています
Webマーケティングディレクター
コンテンツマーケディレクター

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!Rehab for JAPANの最新情報は、facebookページでも発信しています。